トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オスグッド病は成長期が終わるまで治らない障害ではありません!

  • オスグッド病(膝の成長痛)は特別な施術法であれば、短期に解決します。 
    このサイトはオスグッド病で苦しんでいる、少年少女に解決の糸口を使んでもらい、
    早期に運動復帰していってもらう事を目的にしたものです。

オスグッド解決の症例

滋賀県 男子 9才 サッカー

滋賀県 男子 9才 サッカー

主訴・・・曲げると痛い、膝の下を押すと痛い

以前左膝のオスグッドで2回来院されている方です。

左膝の痛みはないが、今回は右膝が同じように痛くなり3度目の来院。

自己療法はやっていたが痛みがとれなかったようだ

自己療法のやり方が間違っていたか左膝の原因以外の問題があるのか・・・

まず実際に痛みの出る「ひざを曲げる動作」をしてもらうと

ここで痛みがでる

施術開始

身体の歪みがあり、筋肉の状態はかなりの硬さがあります。

MCを使い癒着を取り歪みを整えていく、仰臥位で膝を曲げると

痛みがあるのでその痛みをとる手法を施す。

もう一度曲げると痛み消失。

全体の歪みを整え施術終了。

確認のため痛みの出る動作をやってもらう

ここまで曲げても痛みがありません。

お父さんもびっくりされていて息子さんに「よかったな~」と言って喜んでおられました。

自己療法の確認をすると間違っている部分があり、きちんと出来ていない事もありました。

今回の右膝の痛みの取り方をお教えし終わりました。

オスグッド(成長痛)のことなら滋賀の関西予防医術研究所

滋賀県長浜市小室町555      電話0749-53-4321
安田健太郎

膝の周り、下が痛い

オスグッド 11歳 小学生 男子

<主訴>

4月10日にサッカーの試合をした。

翌日、学校の体育で走った、その後夜になって膝がだんだんと痛くなってきた。

症状は、歩くと膝が痛い。膝の周りは触ると痛い。 特に膝の下を押すと痛い。

12日に整形外科でオスグットと診断される、湿布薬を貼ってもらい、包帯をまいてもらった。

そして14日、以前当院に、肉離れ で来院した父親の紹介で母親と一緒に脚をひきずりながら来院。

<状態・施術>

包帯をはずして、うつぶせで施術を開始。

おむけになってもらい、左ひざをまげてもらう。

男子「膝裏、太ももの裏が痛いです。」

そこで、MCを使い筋肉の癒着をとりさる。

また膝を曲げてもらい、さらに関節のずれを修正する。。

立ってもらい歩くいてもらう。

痛くない。

膝下を押しても痛くないとのこと、膝を曲げて歩けるようになった。

お母さん 「すごーい!」 との事

施術終了。

【院長談】

オスグットを治療をしているが、なかなかよく治らないと悩んでる方も多いと思う。

なかには、オスグットは成長痛だから!とあきらめてる御両親も多いのではないか?

痛めた原因がわかり、早く施術すれば早期に回復する。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
春日久孝

› 続きを読む