一般医療の実情

このエントリーをはてなブックマークに追加

病院の診断や色々な施術を繰り返す中で、オスグッド病(膝の成長痛)は期間が経たないと治まらないものだとあきらめていませんか?

オスグッド病に対する医療の現状は、世界の99%の医師、施術家(接骨院、鍼灸、整体、カイロプラクティック等々)が治す方法を知らないのです。
ですから一般医療の概念では、『骨が成熟すると自然に治る』という、長い期間かけて自然に治まるのを待つしかないのです。
それ位、治すための難易度は高いのですが、治すための施術法はちゃんと存在します。


オスグッド病 の一般的な説明

CEO

 10~15歳の成長期のスポーツ少年に多く発生する、脛骨粗面(けいこつそめん)(膝蓋骨(しつがいこつ)の約3cm下の骨の出っぱり)がさらに突出して痛みや腫れを起こす障害をいいます。

『成長期が終われば治るのであまり心配はいりません。』とありますが、それでは運動を一生懸命やっているお子さんには酷です。


メルクマニュアルによるオスグッド病の説明

gooヘルスケアによるオスグッド病の説明