三重県 ラグビー

このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県 13才 男 ラグビー

病院での診断・・・両膝オスグッド

主訴・・・膝下の痛み(特に左膝)

  ・・・右足親指の痛み

関西予防のことはネットで知っていて気にはなっていたようですが、

今一歩予約に踏み切れなかったところ、ラグビー選抜チームのご父兄の方に

関西予防医術研究所で息子さんの膝の痛みが解消したと聞き、迷いがなくなったそうです。

話しを聞くと痛みだしたのは約1年前。

整形外科では成長が止まるまで治らないと言われたそうです。

接骨院では電気やマッサージ、ウォーターベッド等をしていたが良くならなかった。

オスグッドと診断される子供の多くが身体の歪みが顕著にみられ筋肉が異常緊張して

いる場合が多いです。

さらに1年間も痛みを我慢してだましだましスポーツをしていたようなのでひどい状態。

ですが心配いりません。

自然形体療法は痛みの種類が細やかに分類されていて、それに対応する手法が確立されて

いるからです。

痛みの原因がわかればおのずとアプローチのしかたがわかります。

全身の筋肉の緊張状態をとっていき歪みを整え膝の下の圧痛を取り

右足親指は動かした時の痛みなので自然形体療法のある手法で消失。

続けて「自己療法」で歪みの整え方・筋肉の緊張の取り方・膝下の痛みの取り方を

お教えしました。

まだ筋肉の硬さがあるのでマザーキャットのレンタルをしていただき1回目の施術終了。

その後1週間経ち来院。

両膝の痛みは無いそうで喜んでおられました。

ところが右足親指がたまに痛いとの事なので、2回目の施術を行い

自己療法がきちんとできているかの確認をし

親指の痛みが出た時の痛みの取り方をお教えして終わりました。

まだまだ成長期です。

これからも自己療法を続けて歪みのない身体をキープして下さいね。


関西予防医術研究所
〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号
075-661-1662

〒526-0263 滋賀県長浜市小室町555
0749-53-4321
安田健太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です