成長期は治らないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
4年生  女子   バレーボール今年1月より左膝が痛い。病院でオスグッド病と診断され、成長期は治らないと言われた。3年生のときから、バレーボールをやっている。 おそらく練習量が多く、

疲労が重なって膝の痛みが出てきたのだろう。1回目のときは、膝をちょっと曲げるだけでも痛かった。歩くだけでも少し痛い。
バレーボールの練習も体育も休んでいた。回を重ねるごとに、膝を深く曲げられるようになった。
自転車に乗ると痛かったが、2回目終了後には、自転車に乗っても痛くなくなった。走っても大丈夫、片足で屈伸しても大丈夫になったので、4回で終了。
運動を休んでいたので、早く回復した。

無理をせず、くれぐれも少しずつ体育やバレーボールの練習に復帰するように話した。
(少しずつ復帰するのが、とても大事。筋肉が弱くなっているので、

いきなり元の練習をすると、また傷める可能性がある。)4年生で、まだ体力も筋力も不十分なのに、練習量が多く、練習時間も指導者の関係から
夜に行われることが多い。そのため、疲労がたまり、オスグッドになる子供がけっこう見られる。2011年5月の症例です。

コスモス自然形体院 小松 尚子
秋田県湯沢市関口字関口15-2

090-5596-4792

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です