施術症例『サッカー少年のオスグッド、右膝が痛くて走れない』

このエントリーをはてなブックマークに追加

施術症例『サッカー少年のオスグッド、右膝が痛くて走れない』

10歳 男子 サッカー少年

右膝の痛み。歩行は問題なし。階段の上り下り、ダッシュ、ボールをける動作で右膝に痛みがでる。

去年の夏頃から痛みだし、冬から練習を休んでいる。

今月に入り、痛みも落ち着いてきたので練習に参加したところ、接触プレーで膝を打撲。痛みは元通りに。

紹介で来院に至る。

右膝は圧痛(押しての痛み)がある。

まずはこの押しての痛みを取るところから。

痛みを確認しながらの施術。はじめは触れただけで激痛。

しばらくすると激痛はなくなる。強く押すと痛いところまできたが、そこからがなかなかとれてこない。

姿勢を変えて施術をすすめる。

と、さっきまで苦戦していた押しての痛みがスッキリ取れた。

彼「全然痛くないよ~」

と動いてみせる。押しての痛みが取れると屈伸まで可能になった。

膝の動作を修正して動いてもらう。歩行、屈伸、両足ジャンプ、片足ジャンプ。

彼「大丈夫!!」

付き添いで来られていたお母様はまだ半信半疑。

お母様「ほんとに痛くないの?こうしたらどう?これは…あれは…」

言われたとおり動かしてみるが痛みはでない。

まだ膝の腫れが少し残ったので、数日間は無理をしないように伝え、セルフケアを教える。

(この間、お母様はいったん外出)

戻ってきていつのまにか正座をしている息子さんを見てまたびっくり。

これには言葉がでてこなかったようでした。

半年ほど痛みがあり、練習を休んでいたのに、もっと早く連れてくれば良かったと何度も話されていた。

またいままで練習後にストレッチをしたことがないそうだ。

しっかりケアをしてカラダを整えてから睡眠をとるようにしないと疲れは溜まってしまう。ストレッチの方法を伝える。

オスグッド、成長痛、膝痛で悩んでいる小中高生、アスリートの方、まずはご相談ください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です