施術症例『両膝オスグッド、踏み込んだときに痛い(サッカー部)』

このエントリーをはてなブックマークに追加

施術症例『両膝オスグッド、踏み込んだときに痛い(サッカー部)』
12歳 小学6年生 サッカー部

22年8月、両膝のオスグッドと診断。
23年春先に総本部施術院へ来院。師匠の施術を数回受け、改善。サッカーも通常通りできるようになる。
ここ最近、また痛みがでてきたため、DMを見て来院。

現在の症状。両膝オスグッド、踏み込んだときの膝の痛み、右膝内側の痛み、左膝前面の痛みがある。

まず、カラダ全体の歪みを修正。

それから大腿、下腿の張りを取り除き、膝関節のズレを修正。
少し時間がかかったが張りはほとんど取れ、歪みも無くなった。

動いてもらう、歩く、小走り、踏み込む。
「大丈夫、痛くない!」
「ただ、ここを押すと痛いです。」

膝の前側、オスグッド部分に押しての痛みがある。正座をしたときに膝の前側を押すと痛いとのこと。

正座自体問題なくできるので、正座の姿勢で押しての痛みをとる作業に。
施術をし、ほとんど痛みは解消された。10あったうちの1ほどが残った。
痛みが取りきれなかったのは、筋肉や靭帯・組織そのものが傷ついていることに原因がありそうだ。

カラダ全体の歪み、膝関節のズレ、大腿下腿の張りは解消されたので、この状態で動いていれば残っている痛みも解消されるだろう。

ストレッチ、セルフケアの方法を伝えて終了した。

すぐにサッカーの練習に復帰できそう!!と喜んで帰られた。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です