オスグッド、股関節の痛み

このエントリーをはてなブックマークに追加

13歳 中学生 京都市 サッカー

病院での診断:オスグッド

主訴・・・左右の膝の痛み   
     触ったら痛い
     歩いたら痛い

2ヶ月程前にサッカーをしていて左膝に痛みが走り整形外科で「左膝オスグッド」と診断された。
最近では右膝も痛くなってきているとの事。
今までは湿布を貼ったりしながら我慢してサッカーを続けていたそう。

身体の歪みを確認すると全体的にかなり歪んでいます。
お母さんにもその歪んでいる様子を確認してもらいます。
筋肉の状態もとても緊張していて硬くなっていました。
MCとMCCを使っていくとその緊張がスーっと取れていくのがわかりました。
お母さんにも筋肉を触ってもらうと「本当ですね!さっきと全然違う!柔らかくなってる!」と
驚きの表情。

次に、両膝の痛みが出てきているところは自然形体の手法を使うと痛みは取れました。
そしてこの痛みのない状態をキープしてもらう為、また再発しない為に自己療法を受講してもらいました。
自己療法とは、毎日自分自身で行ってもらう身体の手入れ方法のことです。
施術をしてその方の問題点を把握し、その方にふさわしい痛みの取り方をお教えします。
自己療法を行うことで身体の回復力も高まり再発しない身体を作ることができます。

施術から一週間後来院されたので話を聞くと
「膝の痛みが無くなりました!」と喜んでおられたのですが、もう一つ気になることが
サッカー中に股関節がたまに痛くなるとの事。
触ってみると硬さがあったので今回は股関節周りの筋肉の緊張を取り、
家でも出来る股関節の緊張の取り方やストレッチを追加でお教えして終わりました。

膝の痛みだけでなく全身の痛みが無くなって初めて健康体なので
お家でも自己療法を続けてくださいね。


関西予防医術研究所
京都駅前・滋賀長浜
安田健太郎
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です