症例報告オスグット

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都 12才 男

右膝の痛み

主訴  立ち上がり時に痛い
    走ると痛む
    階段上り時痛い

4ヶ月程前に、整形で左膝オスグットと診断され運動を休んで下さいと言われて2ヶ月程運動が出来なかった。

今回は右膝がオスグットになり前回の様に2ヶ月も休みたくないので良い治療院がないかと必死に探していると、

同級生で関西予防に来て2回で良くなったという話を聞いて、痛くなって1週間程で関西予防に来られた。

1回目の施術、体の歪みがかなりあり、筋肉の緊張もかなりある。

自然形体療法独自の施術道具MC・MCCを使い筋肉の癒着・緊張をとり歪みを整えていく。

まだ少し痛みは残っているが次の予約をしてもらい終了。

1週間後、良くはなっているがまだ少し痛みがあるとの事。

歪みを確認をすると歪みがあり筋肉の緊張もある。

もう一度施術をし残っている緊張を取り身体の歪みを整えていく、立位で痛くなる動作をしてその時に出る痛みを

自然形体の手法を使い痛みを取り終了。

続けて、自宅で自分でやる手入れ法、オスグット回復プログラム(自分自身で筋肉の緊張を取り、

身体の歪みを整え、オスグットの痛みを取る事の出来るプログラムです。)を受けてもらった。

その後、実際に階段へ行き上り下りしてもらった。

どうですか?と聞くと「痛くないです!」

お母さんも何度も「ほんまに大丈夫?」と聞いておられました。

今後痛みが無くなってからも再発しないように、歪みを整えしなやかな筋肉になるように手入れは続けてください。

1週間後にまだ少し痛むということで、おばあちゃんの施術時に一緒に来られました。

回復プログラムの自己療法のチェックをし現在の痛みの確認してその痛みの取り方をお教えし終了。

次の週におばあちゃんだけ来られましたがお孫さんはその後順調だとのことで安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です