オスグット

オスグット・中学1年男子・野球部・長崎県佐世保市・

症状
3週間前から左膝がジャンプ時、走る時痛い。
押すと痛い。歩く時は痛くない。
佐世保市の外科でオスグット診断を受け、
佐世保から2時間ドライブで佐賀まで来られた。

施術
1回のオスグット施術でスッキリ改善した。
ジャンプ時、走る時の痛み、圧痛も全て解決した。
外で走らせて痛みを確認すると、
施術見学をしていた父親が本当に痛くないのかとびっくりしていた。


SAGA自然形体療法院
佐賀県佐賀市八戸1-2-12 電話080-6443-4678
北島啓輔

チアダンスで膝が痛い 11才女子

H27,8,30来院

<主訴>
普段 チアダンスをしているが、1ヶ月ほど前から左膝が痛くなり、その後すぐに右も痛くなってきた。
病院で「オスグッドシュラッダー病」と診断された。
痛み止め薬を服用し 湿布を貼り2~3週間安静にしていたが、よくならずインターネットで当院を知り来院

<状態>
屈伸は痛くてできない。
階段の昇り降りは痛い。
歩行時痛い。

走ると痛い。
正座はできる。
膝の皿の下の圧痛と腫れあり。

全身の筋のこわばり
足の筋に張り強い
骨盤の歪み
背骨の捻じれ

<施術>
まず身体のバランスをとる。
次に全身の筋の張りをとっていく。
特に臀部~足の張りはパンパンになっていて股関節の可動域もかなり狭いので、筋繊維の癒着をしっかりとってから股関節や膝関節の修正をしていく。
膝の皿の下の腫れも和らげ、骨盤の調整をし本日の施術終了。

今後、大会が近いので、練習は続けながら施術していくことになった。

<13日後の2回目>
状態を聞くと・・・

昨日まで階段の昇りは楽だった。
屈伸は、深く曲げると痛い。

<状態>
腫れはまだある。
前回に比べてこわばりは少ないが、股関節周辺から足全体の筋繊維の癒着はまだ残っている。
股関節周辺の筋繊維の癒着は、かなりひどい!
話を聞くと・・・股関節の柔らかくする為、痛いのを我慢してストレッチしていたらしい。

ストレッチをすることは、いい。
でも、痛いのを我慢して無理に行うのは、かえって悪化させてしまう。

どんなストレッチをしていたのか実際やってもらった。
今の身体の状態では、負担が大きすぎるのでやめたほうがよいとアドバイスした。

<施術>
状態をみながら、足を中心に一通りの施術をし終了。

<11日後の3回目>
状態を聞くと・・・

大会前で練習量が多かったので、少し痛かったが大分回復してきたとのこと。
15分位走ったが、痛くなかった。

<状態>
全身の張り強い。
股関節周辺の筋繊維の癒着は前回より良い。

<施術>
今回も、症状の強い所を中心に筋疲労をとり、身体のバランスを整え終了!

<11日後の4回目>
状態を聞くと・・・
チアダンスの練習で、①スクワットのような体勢と②床に膝をつく時に左足だけ痛い。
1週間後と2週間後に大会があり、その時に①と②の動作は必ずやらなければいけないとのこと。

<状態・施術>
①の時に使う筋肉、②の膝の皿周辺の疲労や癒着をしっかりとり圧痛を和らげ、可動域を広げる施術を行った。

<14日後の5回目の施術>
状態を聞くと・・・
大会は、膝の痛みなく無事終わったとのこと。
今日は、右のおしりに筋肉痛ような痛みがあるとのこと。

<状態・施術>
全身の疲労をとり、右臀部の筋肉痛の痛みを和らげ本日の施術終了!

その後は、膝に痛みはないが今後もチアダンスを続けていくので メンテナンスとして3~4週間に一度のペースで施術をうけている。


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

三重県 ラグビー

三重県 13才 男 ラグビー

病院での診断・・・両膝オスグッド

主訴・・・膝下の痛み(特に左膝)

  ・・・右足親指の痛み

関西予防のことはネットで知っていて気にはなっていたようですが、

今一歩予約に踏み切れなかったところ、ラグビー選抜チームのご父兄の方に

関西予防医術研究所で息子さんの膝の痛みが解消したと聞き、迷いがなくなったそうです。

話しを聞くと痛みだしたのは約1年前。

整形外科では成長が止まるまで治らないと言われたそうです。

接骨院では電気やマッサージ、ウォーターベッド等をしていたが良くならなかった。

オスグッドと診断される子供の多くが身体の歪みが顕著にみられ筋肉が異常緊張して

いる場合が多いです。

さらに1年間も痛みを我慢してだましだましスポーツをしていたようなのでひどい状態。

ですが心配いりません。

自然形体療法は痛みの種類が細やかに分類されていて、それに対応する手法が確立されて

いるからです。

痛みの原因がわかればおのずとアプローチのしかたがわかります。

全身の筋肉の緊張状態をとっていき歪みを整え膝の下の圧痛を取り

右足親指は動かした時の痛みなので自然形体療法のある手法で消失。

続けて「自己療法」で歪みの整え方・筋肉の緊張の取り方・膝下の痛みの取り方を

お教えしました。

まだ筋肉の硬さがあるのでマザーキャットのレンタルをしていただき1回目の施術終了。

その後1週間経ち来院。

両膝の痛みは無いそうで喜んでおられました。

ところが右足親指がたまに痛いとの事なので、2回目の施術を行い

自己療法がきちんとできているかの確認をし

親指の痛みが出た時の痛みの取り方をお教えして終わりました。

まだまだ成長期です。

これからも自己療法を続けて歪みのない身体をキープして下さいね。


関西予防医術研究所
〒601-8414 京都市南区西九条蔵王町53ケンジントンハウス406号
075-661-1662

〒526-0263 滋賀県長浜市小室町555
0749-53-4321
安田健太郎

オスグッドの痛みが2回の施術と簡単な手入れで消失!!

13歳  男子  サッカー  膝痛  兵庫県

主訴
・右膝の痛み
・階段の昇りが痛い
・走ると痛い

経緯

昨年秋から左右の膝が痛み出した。
2~3週間前から右膝の痛みが酷い状態

施術をすると身体の歪みが酷い状態である。
お母さんに身体の状態を見せながらどうして
膝が痛くなったのか、原因は何か、そして
その原因はどうして出来たのかと
説明しながら施術をしていく。

施術後階段を昇る動作をしてもらうと「痛くない!」
私「じゃあ深く曲げて痛いところで言って。」
深く曲げて「ここで痛いです!」
そこで施術をしてもう一度曲げてもらうとさっきより深く曲がる。

順調に屈曲が出来るようになった。ご本人とお母さんに今後
自分で手入れすることの大切さをお話して今日の施術は終了。

2日後施術と自己療法の受講に来院。
ご本人に必要なことをお教えしました。

自然形体療法の自己療法は一生使える物です。
痛みが消失してからも続けていくことで痛みはもちろん再発防止になります。
そして柔軟な筋肉になることで怪我をしにくい身体になります。
是非とも続けて柔軟な筋肉を手に入れてください。

マザーキャットをレンタルされていたので返却時にお手紙を同封してくださいました。
掲載します。

膝痛2015.11.10New

関西予防医術研究所

京都府京都市南区西九条蔵王町53
ケンジントンハウス406号  電話075-661-1662

滋賀県長浜市小室町555      電話0749-53-4321
中村美由紀

野球部 13才 オスグッド

13歳 男性 野球部

整形外科でレントゲンを撮り、オスグットと診断される。
両膝がオスグットと診断されるが、今は左だけ痛い。

左ひざがズキズキする。
押すと痛い。
階段の上り下りに痛い。
走ると痛い。
日常動作で痛む。

投げる時に右の三角筋が痛む。

整形外科で走るのは一切やらないように言われ、
現在はボール拾いくらいしかしていない。

私 「8月から痛みが出たという事で、今までとは何か環境の変化や
   怪我などがありましたか?」

お母様 「7月に右手中指の骨折と梅雨になってからグランドが使えないので
     室内の練習が多く、階段ダッシュをやるようになってから
     痛いと言うようになったと思います。
     部員の人数が11人で、1人でも欠けると
     皆に迷惑をかけてしまうので、早く治してあげたくて、
     検索してHP見てきました。」

身体全体の歪みと、左膝は膝蓋骨の上下の筋肉が腫れて盛り上がっていました。
膝の裏は、内側と外側に筋肉の癒着があり、脹脛も張って硬くなっていました。

一回目 伏臥位で身体全体の歪みを修正し、大腿、膝裏、脹脛とマザーキャットと
    マザーキャットクッションで、緊張と癒着を取っていきます。
    特に膝の上下の癒着を取ります。

    仰臥位で大腿全面と膝周辺の緊張を取り、腫れが膝蓋靭帯周辺だけになりました。
    
    膝蓋靭帯の剥離を回復させ、だんだんと腫れも無くなってきました。

    ここで立って、しゃがんで痛みの確認。

    途中までは痛くないが、まだ、脛骨粗面に痛みがあります。
    その場所で靭帯の剥離を回復させる手法。

    今度は痛みがなく、下までしゃがむことが出来ました。

2回目 自己療法のレッスンをしました。
    
    前回の施術で、投げる時の肩の痛みは解消していました。
    膝は、走ったり、急に階段を上り下りした時に痛みが出る。 
    前回よりも、しゃがむことは出来るが深くしゃがむと、まだ痛い。

    自己療法は、身体全体の歪みが修正できるように基幹の型。
    次に大腿の緊張を取る方法。
    膝の関節のズレを修正する方法。
    マザーキャットクッションを使っての回復方法。
    ユニバーサルストレッチ。
    正しい正座の仕方。
   
    一通りやっているうちに、正座が出来るようになりました。

    特に正しい正座の仕方で、きちんとした姿勢になることで
    大腿にかかる身体の重みが変わって、膝への負担も無くなり
    無理なく正座が出来るようになりました。

3回目 走るときは違和感だけになり、ジャンプしようと膝が伸びた時だけに
    痛みを感じる。

    これは、関節のズレを修正したことで、動作の時だけに起こる痛みは
    解消されました。

4回目 痛くなかったが、階段ダッシュを30回やった後から、また痛くなってしまった。

5回目 走ると痛い。野球をやっていると守っている姿勢で、段々と大腿が硬くなり
    動かなくなってくる。その後、痛みになる。

6回目 走るのは痛くない。
    しゃがんだり、守る姿勢になった時に痛い。
    強く押すと痛い。

7回目 階段ダッシュ、それも、他の部員を背負って階段ダッシュをやったが痛くならなかった。
    走っても、野球の試合に出ても痛くなかった。

以上7回の施術で、終了となりました。

<施術前>
2672-2リサイズ

<施術後>
2672リサイズ

<ご本人からのご感想>
感想1

<お母様からのご感想>
感想2


寺田自然形体研究所
静岡県藤枝市高柳1663-1 電話054-636-0843
寺田千恵美

施術症例『サッカー少年のオスグッド、右膝が痛くて走れない』

施術症例『サッカー少年のオスグッド、右膝が痛くて走れない』

10歳 男子 サッカー少年

右膝の痛み。歩行は問題なし。階段の上り下り、ダッシュ、ボールをける動作で右膝に痛みがでる。

去年の夏頃から痛みだし、冬から練習を休んでいる。

今月に入り、痛みも落ち着いてきたので練習に参加したところ、接触プレーで膝を打撲。痛みは元通りに。

紹介で来院に至る。

右膝は圧痛(押しての痛み)がある。

まずはこの押しての痛みを取るところから。

痛みを確認しながらの施術。はじめは触れただけで激痛。

しばらくすると激痛はなくなる。強く押すと痛いところまできたが、そこからがなかなかとれてこない。

姿勢を変えて施術をすすめる。

と、さっきまで苦戦していた押しての痛みがスッキリ取れた。

彼「全然痛くないよ~」

と動いてみせる。押しての痛みが取れると屈伸まで可能になった。

膝の動作を修正して動いてもらう。歩行、屈伸、両足ジャンプ、片足ジャンプ。

彼「大丈夫!!」

付き添いで来られていたお母様はまだ半信半疑。

お母様「ほんとに痛くないの?こうしたらどう?これは…あれは…」

言われたとおり動かしてみるが痛みはでない。

まだ膝の腫れが少し残ったので、数日間は無理をしないように伝え、セルフケアを教える。

(この間、お母様はいったん外出)

戻ってきていつのまにか正座をしている息子さんを見てまたびっくり。

これには言葉がでてこなかったようでした。

半年ほど痛みがあり、練習を休んでいたのに、もっと早く連れてくれば良かったと何度も話されていた。

またいままで練習後にストレッチをしたことがないそうだ。

しっかりケアをしてカラダを整えてから睡眠をとるようにしないと疲れは溜まってしまう。ストレッチの方法を伝える。

オスグッド、成長痛、膝痛で悩んでいる小中高生、アスリートの方、まずはご相談ください。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『オスグット、成長痛、膝の痛み』

施術症例『オスグット、成長痛、膝の痛み』

10歳 男子 小学生 サッカー少年

今年の初めから右膝に痛みを感じる。

整形外科へ行き、オスグットと診断。しばらく運動を控えるようにと言われ、サッカーの練習を休む。

体育の授業くらいの運動量では痛みは起きないので続けていた。

半年経ってもサッカーなど長時間の激しい運動で痛みがでる。

いまは痛みを我慢して練習をしている。

友達の紹介で来院に至る。

現在、全力でのダッシュが痛い。階段の上りのときに痛い。

左足でのキック時、軸足を踏み込んだ瞬間に痛い。軽めのダッシュ、歩行痛は問題なし。

カラダの状態、歪みをチェックしていく。

立っている状態で右足(痛みのある足)が外側に開いている。

自分では真っ直ぐ立っているが、見た目でも右足だけ外側に開いている。

仰向けでも、うつ伏せでは足の捻れは出てこない。

まずは寝ている状態で大腿裏の張りを取り除く。特にお尻の下の付け根部分に強い張りがでている。

全体を整えて再度立ってもらいチェック。

まだ足の開きは残ったまま。この段階で階段の上りでの痛みは消失。

骨盤の修正で徐々にまっすぐになっていく。足の開きは大腿骨の捻れから来ていた。

彼「さっきまでの感覚と変わってきた」

立っているときの踏ん張っている感覚が変わってきたそうだ。

いままでは無理に力が入っていたが、いまは力を入れないでバランスが取れるようになったという。

繰り返しアプローチしていくと左右均等になったので動かしてもらう。

歩行、ジャンプ、片足ジャンプ。

彼「全然大丈夫」

外でダッシュ。はじめは軽めに、徐々に強く。

彼「足がちょー軽い!!」

ここまでは問題なし。サッカーボールを蹴る動作の確認がしたかったがボールがないので枕を代用。

枕を両足で蹴ってもらう。右足で蹴る動作、問題なし。右足を踏み込むときの痛みが少し残る。

これは最後まで取り除けなかった。まだ連動していないのも原因の1つなので、今日はここで終了。

セルフケア、ストレッチを伝える。

1週間後、2回目の来院。

少し痛みが戻っていたが、話を聞くと翌日、翌々日と痛みが全くなかったんで、フルで練習に復帰した。

3日後には2試合フル出場。翌日少し痛みが再発したそうだ。

カラダをチェックすると、いきなり全力で動きはじめた為の筋肉痛の一種の痛みだったので一安心。

施術後は痛みもだるさも消失。

先日、メールをいただき、2週間経っても痛みがでていないとのこと。

早期復帰ができてよかった。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『両膝オスグッド、踏み込んだときに痛い(サッカー部)』

施術症例『両膝オスグッド、踏み込んだときに痛い(サッカー部)』
12歳 小学6年生 サッカー部

22年8月、両膝のオスグッドと診断。
23年春先に総本部施術院へ来院。師匠の施術を数回受け、改善。サッカーも通常通りできるようになる。
ここ最近、また痛みがでてきたため、DMを見て来院。

現在の症状。両膝オスグッド、踏み込んだときの膝の痛み、右膝内側の痛み、左膝前面の痛みがある。

まず、カラダ全体の歪みを修正。

それから大腿、下腿の張りを取り除き、膝関節のズレを修正。
少し時間がかかったが張りはほとんど取れ、歪みも無くなった。

動いてもらう、歩く、小走り、踏み込む。
「大丈夫、痛くない!」
「ただ、ここを押すと痛いです。」

膝の前側、オスグッド部分に押しての痛みがある。正座をしたときに膝の前側を押すと痛いとのこと。

正座自体問題なくできるので、正座の姿勢で押しての痛みをとる作業に。
施術をし、ほとんど痛みは解消された。10あったうちの1ほどが残った。
痛みが取りきれなかったのは、筋肉や靭帯・組織そのものが傷ついていることに原因がありそうだ。

カラダ全体の歪み、膝関節のズレ、大腿下腿の張りは解消されたので、この状態で動いていれば残っている痛みも解消されるだろう。

ストレッチ、セルフケアの方法を伝えて終了した。

すぐにサッカーの練習に復帰できそう!!と喜んで帰られた。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『両膝オスグッド、左足首痛のサッカー少年』

施術症例『両膝オスグッド、左足首痛のサッカー少年』

12歳 男子 サッカー少年

平成23年6月頃から左膝に痛みがでる。
しばらく休み痛みが取れるが、大会が続き痛み再発。今度は右膝も痛む。両膝に痛み。大会が続き休めず、どんどん悪化している。
最近になり、左足首にもズキズキした痛みがでる。

総本部からの紹介で来院に至る。

現在の症状。
両膝オスグッド。曲げると痛い、体重をかけると痛い、歩行はOK。
ほかに左足首痛。急に痛みだす。ズキズキした痛み。
膝を触診すると、膝の靭帯が腫れあがって裂けてしまっている状態だ。

初めに休んだ段階でしっかり原因がとりのぞかれていなかったため、動いているとまた痛みがでて、さらに動き続けて傷を深めていってしまう。

また練習後に入念なストレッチをおこなっていないのでさらに疲労の蓄積により悪化してしまう。
大腿から下腿までガチガチに張った状態。特にふくらはぎの張りが強い。

まず1つずつ張りをとっていき、膝蓋靭帯の修正を行う。
靭帯が裂けている部分を修正している間は曲げても動かしても痛みがない。
が離すとすぐに痛みがでる。
繰り返しおこなうが、しばらくすると痛みが戻ってくる。

この状態だと、膝の組織そのものが痛んでいるため、これ以上は回復しないと判断し終了。

2回目の来院。膝、足首ともに痛みがある。
施術すると前回より痛みが取れるのが早くなった。
寝ている状態での痛みがなくなったので、外を軽く走ってもらうことに。
しばらく走ると少し痛みがでた。膝関節のズレを修正。
これで7割くらいまでのダッシュが可能に。
時間も経過していたので今回はこれで終了。

3回目の来院。2回目の後に試合があった。(県大会?決勝戦ということもあり、テレビ中継もされたそう)

痛みがない状態で試合にはいれた。だが試合中にスライディングをし、膝をうってからまた痛みがでる。
その後、学校行事のマラソン大会、遊びでサッカーをする程度に。
この日も外で走って確認しながらの施術。
1回目の終了時と同じく、痛みはとれるがしばらくすると痛みが出るの繰り返そだったが、なんとか痛みが取りきれた。

痛みを我慢していたため、靭帯そのものを痛めていたので回復まで少し時間がかかっている。
靭帯も大分回復してきているので、後一歩の所だ。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

施術症例『左右膝のオスグッド、卓球クラブチーム所属の小学生③』

施術症例『左右膝のオスグッド、卓球クラブチーム所属の小学生③』

左右膝のオスグッド、卓球クラブチーム所属の小学生の経過報告です。

2回目にでてきた足首の痛みも施術後は痛み消失。

それから10日経って3回目の来院。

ここまで膝の痛みは全く出ず、練習もおこなえている。

今日体育の授業で100メートル走の練習をして左膝内側に痛みがでた。

休むと痛みはなくなる。歩行、ダッシュはOK。

さきに膝の痛みからとっていく。

これは動き始めの疲労、筋肉痛の症状に近い。

内側の剥離(避ける痛み)と取るとすぐに痛みは消失。

立って動いてもらうが痛みはでない。

しばらく横へのフットワークをしても痛みはでないのでここで終了。

あとは練習にどこまで耐えられるか、セルフケアをしっかりするように伝える。

4日後に4回目の来院。

3回目の施術の当日、翌日の練習は問題なし。次の日に試合形式の練習をしていたときに痛みが。

今度はカカト。刺すような痛みだと本人が言っている。

くるぶし上と後側に圧痛(押しての痛み)があり、足を着いたときに痛みがでる。

ぶつけた覚えはないが、内出血している。

いままでと痛み方も場所も原因も違う。

次々にでてきている感じだが、これが根本にあった傷のように感じる。

ふくらはぎからの疲労をとり、圧痛をとっていくと押しての痛みはとれる。

押しての痛みがなくなれば、着いても問題なし。歩く、走る、ジャンプ、片足カカトをガンガン下に着いても痛みなし。

今回の痛みの原因はおそらくスマッシュを打ち込むときに足をガンガン踏み込んでいることからの疲労が根本にある。

足裏の腫れも説明がつく。

もう少し早い段階でそこに気付くべきだったが…

痛みも消失できた。大会まであと10日あまり。

痛みがない状態で試合にでれるといいなと思う。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675